478呼吸法【図解】

スポンサーリンク
478呼吸法

1分でグッスリ眠れるハーバード式4-7-8呼吸 

1分でぐっすり眠れる、高血圧・不整脈が安定! うつも退いた!

眠れないときの対処法として今「478呼吸法」が注目を浴びています。478呼吸法とはヨガを参考に考案された呼吸法で、自律神経の乱れを調整し不眠症やストレス改善に効果をもたらす瞑想方法です。比較的効果が現われやすい対処方法なので、ぜひ一度お試し下さい。

「安倍総理」がハマった「ハーバード発」4-7-8呼吸法

人は食べなくても水を飲まなくても一週間以上は生きているが普通の人間は呼吸をしなければ3分間も生きていけない、仕事をしている間も寝ている間もかならず息をしている。いきている。

安倍総理は自らの呼吸健康法についてこう語っています。

「私は今、『4-7-8呼吸法』という健康法をやっています。これをやると落ち着けるんですね。この呼吸法で、国会での野党からの追及にも耐えています。もっと前から知っていれば、私は野次を飛ばさなくても済んだかもしれない」

目次

第1章 健康医学の世界的権威が発明! 1分で眠れる! 高血圧・不整脈・うつも退く
最強のストレス解消術「4-7-8呼吸」

第2章 「4-7-8呼吸」こそ古今東西の医学を調べて見つけた究極の呼吸法で
酸素を全身に満たし細胞が活性化

第3章 現代人が悩む「不眠」こそ高血圧・不整脈・うつ・肥満の根本原因だが
「4-7-8呼吸」なら一挙に解決

第4章 睡眠途中で目覚めてもすぐ眠れると大評判!
「4-7-8呼吸」は世界注目の熟睡法で万病を防ぐ効果大

第5章 目をつぶって肺に残った残気を吐き出してから開始!
「4-7-8呼吸のやり方」完全マスターガイド

第6章 高血圧が上も下も10ミリ以上下がった! 20キロやせた! がんの不安も解消!
「4-7-8呼吸」実践医5名の臨床報告

第7章 ストレスから脳や自律神経を守るには食事も大変重要で
「抗炎症食ピラミッド」を心がけよ

478呼吸法のやり方

478呼吸法とは、4秒-7秒-8秒で行う腹式呼吸のことです。478呼吸法の行い方を詳しくご紹介します。

①お腹を凹ませて完全に息を吐きます。

②ゆっくり4秒かけて鼻から息を吸います。
7秒息を止めます。

8秒かけて口からゆっくり息を吐き出します。

説明では息を吸ったりはいたりする時間を秒数で表していますが、頭の中でカウントするだけで十分です。気持ちが落ち着くまで、上記の呼吸を繰り返しましょう。

478呼吸法は「眠れる呼吸法」

寝つきの悪い人や眠りが浅い人の原因は心配事やストレス、体調の変化などさまざまですが、その一つに自律神経の乱れがあります。478呼吸法は自律神経を改善させる呼吸法なので、質の悪い眠りの改善に効果です。

動画 一瞬で寝つけると噂の魔法の呼吸、478呼吸法

パニック症状や緊張にも効く

呼吸法と組み合わせて効果するテクニック

アロマ(香り)

副交感神経を向上させるために、自分がリラックスできる香りをかぐという方法があります。家にある場合はアロマキャンドルやお香などを用意し、呼吸法を実践してみてください。自分が心地良いと思える香りを選ぶことがポイントです。

明かり

明かりは、体内時計に関わる重要な要素です。夜、就寝前まで強い光を浴び続けると、メラトニンがうまく分泌されなくなることがあります。特に、スマホやパソコンのブルーライトは要注意です。
就寝1時間前くらいから明かりを落としておくと、メラトニン生成の準備ができ、眠りに入りやすくなります。薄暗い状態で呼吸法を試すと、相乗効果が期待できます。

ストレッチ

ストレッチは、筋肉を緩めることでリラックス効果を高めることができます。また、ストレッチを行うときにも息を止めずに呼吸をすることが重要です。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする