ダイビング ウェットスーツ 選び方、使い方【図解】

スポンサーリンク
ダイビング ウェットスーツ 選び方、使い方【図解】

投稿を表示

ダイビング ウェットスーツとは?

ダイビング ウェットスーツの歴史

1952年カリフォルニア大学バークレー校のヒューブラッドナーが最初の発明者であると考えられている。

040915_0543_24.jpg

その後、米国カリフォルニア州サンタクルーズでジャック・オニール氏が、冷たい水温の中で少しでも長くサーフィンをしたいとの思いから、ヒューブラッドナーの発明したからウェットスーツからヒントを得て、世界で初めてウェットスーツを開発、製造、販売を開始した。これが『O’Neill』 の始まりでもある。

Legend-Jack-Oneill

日本では1958年 (昭和33年)ジャック・イヴ・クストー氏(フランス海軍士官)が使用していたウエットスーツを基にウエットスーツ用独立気泡スポンジシートの研究開発を国護ゴム株式会社が着手した。

1960年【昭和35年】9月に国産初のウエットスーツ完成し、伊豆大島の海士(アマ)7名がアワビ取りや、天草取り等漁業用とし、国内で初めてウエットスーツを使用する。

ダイビング ウェットスーツの構造

ウェットスーツの保温の能力はスーツの素材であるネオプレインによるものです。

ネオプレインはガスを閉じ込めた独立気泡でできています。この気泡が熱の伝導を遅らせるのでダイバーを保温することが可能になります、よって深く潜るほど、独立気泡が水圧で圧縮されて保温性が悪くなります。

また、ウエットスーツの中に水が入ってきていてもダイバーの体にぴったりとウエットスーツがフットしていれば侵入してきた水は閉じ込められて、体温で温められ、寒さを感じなくなります。

weisuit

ダイビング ウェットスーツの種類

フルスーツ

31Yr4fuAeGL._SY300_

同じフルスーツの中にも、極寒期(1月~3月)に使用するのに適している物や、比較的まだ水温の低くない秋や春先に使用するのに適している物があります。

大まかな違いは、生地の厚みや素材、体に直接触れる内側の素材が違います。

基本的に多様するのは、厚みが5mmと3mmの生地を併用した物(以後5mm/3mmと呼びます)と、すべて3mmの生地を使用した物です。

シーガル

ダウンロード (4)

初めて波乗りをやる人で、買うことが多いのがシーガルです。

春先や秋などに使います。

素材はジャージで厚みは2mm~3mmの物が多い。

スプリング

images (4)

オールシーズンを通して、最も長く着られるウエットスーツの1つ。

特に女性には重宝、男性は夏場はラッシュガードに海パンという姿でやる人が多いですが、

女性は体の冷えがちな人も多いので、真夏の時期にも多くの人が着ています。

厚みは2ミリ前後の物が多い。

ダイビング  ウェットスーツの選び方

ダイビングウェットスーツ特長

1.長く水中にいるため、フルスーツが基本、海中の温度は低く、また水の熱伝導率は空気より高いので体熱が奪われやすいです。

2.水圧に耐えれるように、生地に含まれる空気泡が他のタイプのウェットスーツより少ない。そのため浮力が弱く沈みやすく、潜りやすい。

3.ボンベを背負うため、ファスナーが前についているものが多い。

4.着脱しやすいように袖と足首にファスナーが付いている。

ダイビングウェツトスーツ

ダイビングウェツトスーツ

ダイビング用のウェットスーツは、水圧の負担に負けないよう他のウォータースポーツ用の生地より、含まれている気泡の数が少ないので浮力も少なくなり、水中深く潜りやすくなるんです。

なので、本来であれば他のウェットスーツよりも伸縮性が少なくなります。

しかし、ダイビング用のウェットスーツは、手首と足首にもファスナーが付いています。

なので伸縮性が少なくても、着脱しやすい構造となっています。

ダイビングウェットスーツ 選び方 ポイント

まずはスーツの形、素材、厚さを決めていきます。デザインやファスナーの有無は後から。

スーツはダイビングの快適性に一番影響する器材ですので、体のサイズに合うもの、可能な限りフルオーダーのスーツがベターです。サイズが大きいと水中で水の入れ替わりが頻繁に起こり、すぐに寒くなってしまいダイビングを楽しません、サイズがきついと着脱が大変で疲れます。

海水の熱の伝導率は空気の25倍なのですぐに冷えやすくなります、ぜひオーダー品をおすすめします。購入方法としては、ダイビングショップやスーツ屋さんで採寸をしてもらって発注します。

ダイビング用ウェットスーツの一枚目にお勧めしたいダイビングスーツは、5mmの両面ジャージのワンピースタイプです。一番使える範囲が広く、耐久性もあります。内側にフードベストを着れば、冬の本州や北国以外では問題なく潜水できます。

推薦するダイビング用ウェットスーツは上で述べた通り、フルオーダーのスーツなのですが、既製品のサイズに合いそうな典型的日本人体型の方や、南の島でしか潜らないという方は既製品でも問題ないです。

ウェットスーツ 中古品  比較

最近のウェットスーツは信頼性に優れているので1~2年落ちの中古品でもまだまだ使用できる、但し 海外製は信頼性が落ちるが日本製は大丈夫

楽天、ヤフオク、メルカリでも激安な日本製ウェットスーツが販売されている。

ウェットスーツの中古品はヤフークション、楽天で販売しています。

ポイントはメールでの取引している業者を選び、他業者と比較して価格、中古程度、保証期間等を確認する事です。

決して安物買いの、銭失いをしないこと。

ジモティー ウェットスーツ  中古品

最近、TVのCMも放映している中古あげます・譲りますのネットのフリマ、ジモティー、やはり地元で中古を買えるのは便利。

ジモティーでは、ウェットスーツをはじめ様々な商品で無料や激安格安販売の情報を多数掲載しており、最安値のお得な商品を見つけることができます。単品だけでなくセット用品の情報も充実しており、また中古品やリサイクル用品だけでなく、未使用新品アイテムも安くお求めいただけます。

画像クリックでリンクします。ジモティー ウェットスーツ  中古品

ヤフオク! ウェットスーツ 中古品

ヤフオク!は、お店にないものも見つかる、買える 日本最大級のネットオークション・フリマアプリです。

クリックするとヤフオク! ウェットスーツ 中古品最新版がわかります。

メルカリ 中古品 ウェットスーツ

メルカリは、スマホから誰でも簡単に売り買いが楽しめるフリマアプリです。

クリックするとメルカリ 中古品 ウェットスーツ 最新版がわかります。

メルカリ 中古品 ウェットスーツ

楽天 中古品 ウェットスーツ

楽天市場では格安、激安の中古品 ウェットスーツを販売しています。

下記をクリックすると楽天 中古品 ウェットスーツ 最新版がわかります。

楽天 中古品 ウェットスーツ

 

 

オークファン ウェットスーツ  中古

日本最大級のショッピング・オークション情報サイト、オークファン。
ヤフオク!、Amazon、eBay、フリル、楽天など国内外のサイトに幅広く対応し、
幅広い月額サービスで物販初心者から物販事業者までサポートしています。

現在の中古の価格相場も簡単に調べられます。(無料会員登録あり
プレミアム会員(月額980円)では過去10年分、300億件の落札相場検索や、
ヤフオク!で商品を自動で落札できる入札予約機能が本格的にご利用可能。

オークファン ウェットスーツ  中古

 

 おすすめ ウェットスーツ通販サイト

ウェットスーツの販売でも現在、成長しているのが、インターネット通販です。

総合通販サイトの中では『Amazon』『楽天市場』Yahoo!ショッピングなど様々な通販サイトがウェットスーツを販売しています。

インターネット通販の利点は、価格の安さ、アクセサリを含む豊富な品揃え、そしてランキング、評価、商品レビュー〔口コミ)の存在です。特に商品レビューについては、実際に使用したユーザーからの具体的な使用感が得られるなど、カタログスペックだけではわかりにくいウェットスーツの情報が得られるのは大きなメリットとなっています。

その一方で、欠点となるのは納期と修理です。

納期に関しては、通販サイトであるため注文から配送まで早い場合は1日ですが在庫がない場合は1週間以上、かかります。

下記はアマゾン、Yahoo!ショッピング、楽天等の現在の売れ筋のウェットスーツ人気ランキングです。

アマゾン ランキング ウェットスーツ

アマゾンのおすすめウェットスーツです。一時間毎に更新されます。最新のランキングは画像をクリックすると表示されます。

アマゾン ランキング ウェットスーツ おすすめ
 

 

楽天ショップ ウェットスーツ ランキング

楽天ショップのおすすめ ウェットスーツ ランキングが知りたい方は下記リンクをクリックしてください。

楽天ショップ ウェットスーツ ランキング

Yahoo!ショッピング ウェットスーツ ランキング

Yahoo!ショッピングの売れ筋 ウェットスーツ ランキングは下記のとおり。最新のランキングが知りたい方は画像をクリックして下さい。

メーカー別 ダイビング ウェットスーツ 比較

HeleiWaho  ヘレイワホ

スキューバダイビング器材を扱っている会社エイチアイディが販売しているウェットスーツ。

おすすめ商品  5mm メンズ ウエットスーツ HeleiWaho

伸縮性に優れており、紫外線防止効果もあるため他のマリンスポーツとも併用可。
素材に気泡を多く含んでいるため浮力効果があります。値段もリーズナブルでコストパフォーマンスが良いです。

 GULL(ガル)

軽器材では業界のトップを行くGULL。既成サイズもオーダーも扱っており、価格も手頃。母体はゴム製造会社なので、スーツの品質も信頼でき、ショップのレンタル用として使われる。商品ラインナップはやや少なめ。

おすすめ 商品 CAMO SUMIKUKO GW-6550A

手首の部分は20cm のロングファスナーを使用しているため、他の一般的なスーツに比べて手首部分を 大きく開かせることができます。また、足首部分にも16cmのロングファスナーを使用しているため、スムーズに着脱することができます。

SCUBAPRO

SCUBAPROはGustav Dalla ValleとDick Boninによって1960年代に創立されたスキューバダイビング器材のメーカーです。創立当初から、今日もなお使用されている様々なイノベ―ションをダイビング業界にもたらしてきました。

おすすめ商品  SCUBAPRO スキューバプロ 0.5mm ウェットスーツ

ダイビングに適した軽量型ネオプレーンゴムを使用。ショルダー部分に摩擦防止のパネルとシールが 付いているため、機材を背負った際の摩擦を防ぎ長持ちさせることができる。

まとめ

ハイグレードモデルは素材も良いものを使用していますが、使用する頻度、場所によってはハイグレードモデルでなくても十分にできるダイビング ウェットスーツはあります。

また大手メーカーは比較的高価にはなりますが、やはり確実な信頼と安心が得られます。

自分のしたいダイビング、自分のレベル、自分のダイビングする環境、、ウェットスーツに対する捉え方や予算の中で、出来るだけジャストフィットな保温性や運動機能性に優れたウェットスーツを選び購入されることをおすすめします。

ポイントは下記の三つです。

①「いつ・どこで・何を」

②生地の厚さと、自分の目的に合った素材

③サイズは「首、足首、手首」がピッタリ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする