スーノーケル入門一覧

おすすめ スーノーケル スキンダイビング 国内ポイント

おすすめ スーノーケル スキンダイビング 国内ポイントを紹介します。さらに詳しいダイビングポイントマップは下記に掲載しています。関連記事:日本 ダイビング ツアー マップ沖縄 真栄田岬 青の洞窟 スーノーケル スキンダイビング沖縄の青の洞窟は、沖縄県恩納村の真栄田岬にある洞窟です。神秘的な青の世界に魅せられ、日...

初心者のシュノーケリング入門 【図解】

初心者、子供のシュノーケリング 基礎知識 子ども、初心者とシュノーケリングをやる前に、いくつかの注意点を頭に入れておくことが必要です。一番大事なことは、初心者、子どものシュノーケリングを常に見守っていてください。シュノーケリングの原則は、二人以上で泳ぎ一人ではやらないことです。

ダイビングフィン 選び方、使い方 【図解】  flippers

ダイビングフィンの歴史 15世紀にレオナルド·ダ·ヴィンチが水泳フィンのデザインのデッサンを描いている。 ダ·ヴィンチのデッサン 17世紀、アメリカの大統領であった若い頃のベンジャミン·フランクリンが水泳用フィンを開発し楽しんでいたとの記録が残されている。 若いころのベンジャミン·フランクリン

スノーケル シュノーケル セット 選び方、使い方 【図解】  

シュノーケルもしくはスノーケル(英: snorkel)は、水中において呼吸が行えるようにするための用具 シュノーケルは、通常、約30センチメートル(1フィート)の長さと1.5〜2 シュノーケルは、通常、約30センチメートル(1フィート)の長さと1.5〜2.5センチメートルの内径を有するパイプであり、下端にマウスピースが取り付けてありゴムやプラスチックで構成されている。口と鼻が水没しているときに水面上から空気を呼吸するために使用されます。

賢い水中メガネ&ダイビング・マスク 選び方、使い方 【図解】

水中メガネは水に潜る時に水の屈折率が空気とは大きく異なるため、目の前面に空気の層を作って視界を確保する目的で着用される。また、プールの水に投入されている殺菌用塩素や海水による刺激から目を保護する効果もある。

ウェットスーツ 選び方、使い方 |ダイビング 【図解】

ウェットスーツの歴史 1952年カリフォルニア大学バークレー校のヒューブラッドナーが最初の発明者であると考えられている。 その後、米国カリフォルニア州サンタクルーズでジャック・オニール氏が、冷たい水温の中で少しでも長くサーフィンをしたいとの思いから、ヒューブラッドナーの発明したからウェットスーツからヒントを得

スキューバー、フリー、スキンダイビングの耳抜き 初級編 【 図解】

潜水物理:ボイルの法則 水中のダイバーにかかる圧力は2つの要素からなっています。 ひとつは水面より上の空気すなわち大気圧 ふたつはダイバーの上にある水の重量、すなわち水圧です。 海水面での気圧は一定で、この圧力を1気圧と呼び、圧力を測定する基準となっています。