スキューバー、フリー、スキンダイビングの耳抜き  上級編|フレンゼル法 【 図解】

実践フレンゼル法(横隔膜) スキューバー、フリー、スキンダイビングの耳抜き

説明:空気を口に入れて、喉頭蓋を閉じて、軟口蓋を開け、空気を舌、口、頬で圧力を高めることにより、耳管を押し開かせる。
利点:便利である
バルサルバ・テクニックより安全でFluid Goggles(液体ゴーグル)とノーズ・クリップが着けてダイビングする場合の理想的で合理的な方法です。
急速降下速度時に潜行を緩和してくれる。
フレンゼルは、胸部と胸郭の適当なトレーニングと適応で残肺気量を越えての深さの潜行に効果的です。
度を越さない迅速な潜行が可能である。
短所:広範囲なトレーニングと軟口蓋、喉頭蓋、舌の筋肉の調整を必要とします。
注意:簡単に個人の制限を越えてしまうために肺または気管に気圧傷害を起こる恐れがあります。

スポンサーリンク

Ⅰ:圧平衡化(耳抜き)の生理学

下図が人間の頭の断面図です。

Frenzel1

Frenzel2

画像出典先:エルメッド エーザイ株式会社オフシャルサイト

肺に通じる通路は、気管(Trachea)と呼ばれています。
それは、喉頭蓋によって開閉されることができます。
胃に通じる通路は、食道(Esophagus)と呼ばれています。
それは開閉されることができます、しかし、嚥下の行為以外は、それは常に閉じられます。
肺から流れている空気は、軟口蓋によってコントロールされています。
軟口蓋が中立位置(上で示されるように)にあるならば、空気は鼻と口の中を流れます。
軟口蓋が上がるならば、鼻腔は閉め切られます、そして、空気は口の中だけを流れることができます。
軟口蓋が降ろされるならば、口は切り離されます、そして、空気は鼻の中だけを流れることができます。
耳管への開始は、鼻腔です、耳を均衡化する鍵は、空気に耳管に空気を押し込むことです。

Ⅱ:フレンゼル・テクニック(Frenzel Technique)

下図がフレンゼル・テクニックをした時の人間の頭の断面図です。

舌は、ピストンの働きをします。上後方へ舌を押すことによって、全てのノドの空間は、
押しつぶされます。すると空気は何処かに行かなければならない。
空気は肺に行こうとするが喉頭蓋は閉じられている、空気は胃に行こうとするが食道は閉じている、空気は鼻を経由して外に出ようとするが鼻は指で閉じられている。
空気は耳管だけに行けます、耳管に押し込まれる空圧は舌の強さによって制限される。
舌は、信じられないほど強いです。
舌は、鼓膜を断裂するのに十分な気圧を提供することができます。
フレンゼル技術を実行します。
1. あなたの鼻をつまんでください。

Frenzel4

2.あなたの口をほんのわずかな空気で満たしてください。
“アーと言ってから少し息を吸い込む感じ。”

Frenzel5

3.軟口蓋を中立位置の方へ動かしてください。
“鼻音 ンヌ (発音記号:/n/)を発声するイメージ”
noonのnを発音する。

4.喉頭蓋を閉じてください。
“唾を呑みこむイメージ”

Frenzel6
5.舌を使ってピストンのように、あなたの咽喉の後の方へ、空気を押してください。
“鼻音 ン (発音記号:/ŋ/)を発声するイメージ”
king、Longのngの発音

Frenzel7

画像出典:「日本人のための英語発音完全教本」

公式サイト:http://www.ace-schools.co.jp/index.html
残念なことに、大部分の人々はどのように喉頭蓋か軟口蓋を支配するべきかについて、わかりません、そして、大部分の人々はピストンとして舌を使う方法を知りません。
この文書の目的は、上記のステップの各々を学ぶための手順を記述することになっています。
個々のステップをマスターすれば、成功は保証されます。
学ばれなければならない個々のステップは、以下の通りに区分されることができます:

1. 口を空気で満たすことを学んでください。
2. 喉頭蓋を支配することを学んでください 。
3. 軟口蓋を支配することを学んでください 。
4. 『舌ブロック』を使用する事を学んでください 。
5. ピストンとして舌を使うことを学んでください。
6. 独立して喉頭蓋と軟口蓋を支配することを学んでください 。
7. 同時に全てを実行してください。
8. 水の中でそれをテストしてください 。
9. 先進のバリエーションを学んでください。

ステップ1:口を空気で満たすことを学んでください

風船のようにあなたの頬を満たしてください、
そして、2、3秒の間空気を保持してください。
それから、あなたの頬を使って、あなたの肺に空気を押し戻してください。
あなたが自由自在にそれをすることができるまで、数回、これを繰り返してください。
『完全に頬一杯』をするために、完全に膨れるまで、あなたの頬を満たしてください。
『中程度の頬一杯』をするために、彼らがちょうどふくらみ始めるまで、あなたの頬を満たしてください。
『あなたの口をほんのわずかな空気で満たす』と私が言う時、『中程度の頬一杯』の事です。

ステップ2:喉頭蓋をコントロールすることを学んでください

喉頭蓋をコントロール方法はいくつかあります、実践的な個々の練習はあなたが完全にそれらの筋肉を完全にコントールすることを保証します。
方法1:うがい水またはうがい薬
1. 一口の水を飲みます。
2. あなたの頭を後ろへ傾けます、しかし水がのどに流れる事を許さないでください。
水を飲みこまないでください。
3. あなたが喉頭蓋を閉じているので、水はあなたののどに入りません。
方法2:空気を吐き出して、止めること
1. あなたの口を開いてください、そして、それを大きく開いておいてください。
2. 息を吐き出してください、しかし、少しの空気も漏れるのを許さないでください。
3. 言い換えると、『あなたののどを閉じて』、あなたの閉じたのどに対して息を吐き出してください 。
4. あなたが喉頭蓋を閉じたので、空気は出ません。

Frenzel8
方法3:空気を吸入して、止めること
1. あなたの口を開いてください、そして、それを大きく開いておいてください。
2. 吸引、しかし、少しの空気もあなたの肺に入るのを許しません
3. 言い換えると『あなたののどを閉じて』、あなたの閉じたのどに対して吸い込んでください 4. あなたが喉頭蓋を閉じたので、空気はあなたの肺に入りません。

Frenzel9

方法4:喉頭蓋ミュージック
1. 方法2のように、あなたの閉じたのどに対して息を吐き出してください、そして吹き続けてください。
2. 瞬間的に、空気を通してください、そして、もう一度それを止めてください。
それは、おかしな詰まった音を立てなければなりません。
3. 何度も、空気を逃して、それを止めて、できるだけ速くできるようにします。
4. あなたがコントロールしている筋肉は、喉頭蓋です。
方法5:喉頭蓋ミュージック (吸うとき)
方法4のように、しかし、吸い込んで、空気を止めて、それに通らせて、それを止めて、それに通らせてください。
あなたが喉頭蓋に熟達するまで、方法4と5を練習し続けてください。

ステップ3:軟口蓋を支配することを学んでください

1. あなたの口を閉じてください 。
2. あなたの鼻を通して吸い込んでください 。
3. あなたの鼻を通して息を吐き出してください 。
4. あなたの鼻を通して吸い込んでください 。

Frenzel10

5. あなたの口を開いてください 。
6. あなたの鼻を通してだけ息を吐き出してください。
空気は、あなたの口から出てきてはいけません 。
7. あなたの鼻を通してだけ吸い込んでください、空気はあなたの口に流れ込んではいけません
8. あなたの口を開いていておいている間、あなたの鼻だけを通して呼吸し続けてください
Frenzel11
9. すぐに、どんな空気でもあなたの鼻の中を流れないで、ちょっとあなたの口を通して呼吸してください 。

10. 一旦あなたが鼻か口を通して呼吸することができると確信するならば、
(口を開いていておく)、
次のステップまで進行してください。
11. 深く吸い込んでください。
12.口を大きく開いてそれを維持してください。
Frenzel12
13. あなたの口だけを通してゆっくり息を吐き出し始めてください。
14.静かに息を吐き出す。あなたの口を大きく開けておき、あなたの鼻を通してだけ息を吐き出してください。
15.静かに息を吐き出す。もう一度切り替えてあなたの口だけを通して息を吐き出ししてください。
16.できるだけ速く鼻と口を切り替えてゆっくり息を吐き出し続けてください。
17. 吸い込む時も同じ事をためしてくださいー口を大きく開けて、迅速に鼻と口を切り替えてゆっくり息を吸い続けてください。
18. 切り替えているにつれて、あなたは動いている咽喉の上後方部に柔らくて肉質のものを感じでしょう。
それは、軟口蓋です。
あなたは口を通して呼吸するために軟口蓋を上げます、あなたは鼻を通してだけ呼吸するために軟口蓋を降ろします。
19. あなたが自由に軟口蓋を『上げる』、『降ろす』ことができるまで、上記のエクササイズを繰り返し続けてください。
20. あなたが口と鼻を通して息を吐き出すとき、軟口蓋は中間な位置にあります
(上がってもいなく、下でもない)

ステップ4:『舌ブロック』を当てることを学んでください

今、あなたは舌だけで気流をふさぐことを学ばなければなりません
1. あなたの口を通して息を吐き出し始めてください
2. あなたの口を閉じることによって、気流を止めてください
(あなたの頬は瞬間的に一杯にならなければなりません)
3. もう一度吸い込んで、もう一度息を吐き出し始めてください
4. 喉頭蓋を閉じることによって、気流を止めてください。
5. これで、空気が口から流れ出るのを防ぐ2つの方法を、あなたはすでに学びました。

あなたは喉頭蓋を閉じることができて、または、あなたは同様に口を閉じることができます。
6. 現在、あなたは、空気が口から流れ出るのを止める第3の方法を学ばなければなりません。
7. 『theatre』という語の音節『th』ように発声しながら、あなたの口を通してゆっくり吸い込んで、息を吐き出してください。
Frenzel13
8. ちょうどあなたの前歯の後であなたの舌の先端をあなたの口の上側に接触させて、あなたの舌をその位置に置きます。
9.舌をシールに替えることによりあなたの舌を通り越して流れる空気を止めてください。
あなたの舌の先端は、前歯の後のあなたの口の上側で触れます。
あなたの舌の側は、あなたの臼歯の口の上側で触れます。
10. あなたが空気を舌で口から流れ出るのを止めることができるまで、上記のステップを繰り返し続けてください。
11. あなたが喉頭蓋を閉じるか、口を閉じることによって不正行為をしていないことを確認してください。あなたの唇は、開いているままでなければなりません。
あなたのあごは、ほとんど閉じられます、それはあなたの前歯(上下の)が十分に触れることができるほど閉じらています。
12. 一旦あなたが空気に舌でふさぐことに熟達するならば、あなたが舌ですることを忘れないでください。—それは、『舌ブロック』と呼ばれています。

ステップ5:ピストンとして舌を使うことを学んでください

1. あなたが肺を詰め込む方法(Packing)をまだ知らないならば、付録『A』を参照してください
2. 一旦あなたが簡単に、そして、無意識に肺を詰め込むことができるならば、次のステップまで進行してください。
3. シュノーケルを探してください
4. シュノーケルをあなたの口に入れてください
5. あなたの鼻をつまんでください。
6. シュノーケルであなたの肺に空気を詰め込んでください
Frenzel14
7. あなたは、頬でパッキングを使うことができません、それは、働きません。
あなたは、舌を使わなければなりません
8. 言い換えると空気をシュノーケルで吸って、そして『舌ブロック』を適用してください。
空気をのどと肺に押し込むために、後ろにあなたの舌を上げてください。
9. この時、あなたの臼歯によってあなたの舌側はあなたの口の上側であなたの歯茎に触れます
あなたの舌の先端は、あなたの口の天井側に触れます。
一旦あなたが舌で『シール』を作製したならば、あなたのすべての歯は外の『空気室』にあります、そして、あなたの舌の後のすべての空気は『後部の空気室』です。
あなたの舌がこの位置にあるとき、息を吐き出すことができません。
舌は、空気をブロックします。
10. 一旦あなたがシュノーケルによってパッキングができるならばあなたは、『ピストンとして舌を使う』ことに熟達しました。
現在、あなたは、舌を使って空気を肺に押し込む方法を知っています。

舌の動きの参考動画

下記のサイトに舌の動きの参考動画が掲載されています。

tongue

舌の動き

ステップ6:独立して喉頭蓋と軟口蓋を支配することを学んでください

残念なことに耳が連系している意味で喉頭蓋と軟口蓋は連系しています。
1つの耳と別の耳を動かすのは難しいです。
1つの眉と別の眉を動かすのは難しいです。
1つの眉と別の眉を動かすことができるならば、あなたはそれらの2つの筋肉の『連系を外しました』あなたは、独立してそれらの2つの筋肉をコントロールすることができます。
喉頭蓋と軟口蓋は、連系しています。
喉頭蓋を閉じるとき、あなたはほぼ間違いなく鼻を通しての気流防止の為に
軟口蓋を上げます、これが問題です。
フレンゼル・テクニックをするために、軟口蓋を中立位置に保っている間、あなたは喉頭蓋を閉じることを学ばなければなりません。
これは全く難しい場合があり、学ぶために時間がかかります。

そして、それはしばしば全技術で最も難しい部分です。
1. あなたの人さし指と親指を鼻孔の下に置いてください、あなたの鼻がとても優しくふさがれるように。
2. それはあなたの鼻を通して息を吐き出すことが可能にします、あなたの鼻孔は広がらなければなりません。

3. 彼らが爆発するまで、完全にあなたの頬を満たしてください。

4. 喉頭蓋を閉じてください。

5. あなたの頬をしぼって、あなたの鼻から空中を押しつけようとしてください。
6. あなたは、空気が人さし指と親指の上を通過するような気がしなければなりません。
そして、あなたの鼻孔は広がらなければなりません。

7. 空気が消える、そして、あなたの鼻孔が広がらないならば、空気はあなたの肺に戻りました
あなたは、喉頭蓋を閉じてはいけませんでした。

8. 空気がどこかに行かないで、ちょうど動かなくなるならば、 それはあなたの軟口蓋が上がることを意味します。そして、それはあなたの鼻腔をブロックしています。その筋肉の感覚を得るために、軟口蓋の運動をやり直してください。
9. 中間位置を保持して軟口蓋に集中して上記のステップを繰り返してください、軟口蓋がNEUTRAL位置にあるならば、あなたが頬をしぼることができて、鼻から空中を押しつけることができる唯一の方法です。

Frenzel15

10. あなたがまだ上記の運動に熟達することができないならば、以下をためしてください:
11. もう一度、優しくあなたの鼻をつまんでください。
12. あなたの口からあなたの空気の90%を吐き出してください。
13. あなたの口を閉じてください。そして、あなたの頬にあなたの空気の最後の10%を吐き出します。
14. 喉頭蓋を閉じてください。
15. あなたの肺は完全に空です、そして、あなたの頬はいっぱいでなければなりません。あなたの喉頭蓋が閉じられるので、空気はあなたの口で密閉されています。
16. すぐに、あなたの閉じたのどに対して吸い込んでください。当然のことながら、喉頭蓋が閉じられるので、空気はあなたの肺に流れません。その代わりに、あなたは肺で不快な真空をつくります。
17. 肺真空をキープしてください。
すぐに、あなたの頬をしぼって、あなたの頬を押し鼻から空中に空気を出すようにしてください、 軟口蓋に集中してください。
リラックスしてそれを中立位置に保ってください。
あなたが成功するならば、 空気は、あなたの鼻を急いで出て来ます。
空気をあなたの肺に流さないでください。
18. あなたが頬を満たすことができるまで、上記のエクササイズを実践し続けてください。

あなたの喉頭蓋を閉じて、あなたの頬をしぼって、あなたの鼻から空中に空気をし出してください。
あなたがそうするとき、喉頭蓋は閉じられます。
そして、軟口蓋は中立位置にあります。
それは、あなたが覚えていなければならない筋肉状態です。

独立して喉頭蓋と軟口蓋を支配することを学ぶもう一つの方法は、あなたの鼻を通してあなたの肺をpackingすることです。
言い換えれば、あなたの口を閉じてあなたの肺に空気を詰め込むことを学ぼうとしてください。あなたは、空気を鼻で『吸う』なければなりません。

ステップ7:同時に全てを行ってください。

1. あなたの鼻をふさいでください。
2. ちょっと、あなたの頬を膨らましてください。
3. 学んだように喉頭蓋を閉じて、軟口蓋を中立位置に保ってください
4. 舌ブロックを適用してください。
シュノーケルでパックキングしたときのように、空気をあなたののどの後ろに移動してください。
空気は、肺に入ることができません、
しかし、その代わりに、それは鼻腔に流れ込みます
しかし、あなたの鼻がふさがれているので空気は耳管に押し込まれます。そして、耳が『ポンと鳴ります』
5. 一旦耳がポンと鳴るならば、あなたは舌で圧力を印加し続けることができます。そして、外へあなたの鼓膜を押し出します。
実際、舌で十分な圧力を印加するならば、まるであなた自身の鼓膜(外向きの)が怪我したようにあなたは感じなければなりませ
(もちろん、鼓膜にダメージを与えないでください!)
6.あなたが、鼻をふさぐことによって、『ポンと鳴る』ことができるまで、フレンゼル・テクニックを陸地に行い続けてください。

ステップ8:水の中でそれをテストしてください

1. 少なくとも10フィート(3m)の深さのプールに行ってください。

2. 耳抜きなしで10-12フィートへ、逆さまに潜行してください。
あなたの耳は、少しに痛くなるでしょう。

3. すぐに、あなたの鼻を塞いで耳抜きをしてください!

あなたは、すぐ耳 がポンと鳴るはずです。

4. 耳(鼓膜)が外へ押さえていると感じるまで、あなたの舌で圧力を印加し続けてください。
5. 湖または海で同じ事をためしてください。

参考サイト:

The Frenzel Technique, Step-by-Step

フリーハンド法 BTV

英語: (VTO) ‘Voluntary Tubal Opening’.
イニシャルBTVは、『Beance Tubaire Volontaire』フランス語を表します。
1950年代には、フランス海軍は、『自意的な耳管開放』と呼ばれている中耳圧平衡化の技術を開発しました。
この技術は教えるのが難しいですが学んだおよそ30%は確実にそれを習得、実行できます。
あくびによる圧平衡と、この技術は類似しています。
BTV 1
そして、あなたの耳をピクピク動かす行為と類似しています。
BTV 2
そして、一部の人々は学ばなくても自然とできる人もおります。
下記にBTVを実行する方法の説明をします。
トレーニング期間は1ヵ月で、4週間に分かれています。
朝、空腹時にこのマニュアルのエクスサイズは実行します。
各エクスサイズの実行後、5秒の休憩タイムを取ります。

あなたの首回りをリラックしてください。(ネックレス、シャツ襟その他を外す)
BTV 3
あなたの頭をまっすぐにします。
あなたの舌骨(『のどぼとけ』を上げる骨)を1本の手で、 ホールドします。
強くホールドしていないか『のどぼとけ』を確認する為に鏡で調べます。

BTV 4
第1週目:

毎朝、3回ゆっくりと以下のエクササイズを実行してください、
各エクササイズの間を5秒の取るのを忘れないでください。
A) 舌の運動
1. 口は大きく開けます。
次に舌であなたの鼻に触れようとしてください。
BTV 5
そして次に舌の先が咽喉の奥の下を押している時、可能な限り奥に戻してください。
この間にのどぼとけ(その最も高い点からその最も低いものに行く)の位置をコントロールしてください。

BTV 6

次に前歯の後にあなたの舌の先端を置いて、ゆっくりそれを引き戻してください、
BTV 7
次にあなたの口の上側に戻し口蓋垂(のどちんこ)に触れるようにトライしてください。

3.口を大きく開け、あなたの舌の先端をあなたの下の前歯に置いてください
そして、次にできるだけ多く、舌を出してください。

BTV 9

B)口蓋後方(軟口蓋)のエクスサイズ
1. 大きく口を開く、舌の動きを停止させる。
軽く嚥下 する。(舌が収縮する口蓋上後部で)
(あなたののどぼとけの巻き下げ動作をしている間)
このエクスサイズはとても重要で胃がむかついた時が成功したときです。
BTV 10
C)舌と軟口蓋を連系させたエクスサイズ

1. あなたの口が大きく開け、下の 前歯に舌の先を置いて押してください 。
そして舌後方部を下に押し付けを口の奥にバックさせます。

軽く嚥下してください
(口蓋の後方の位置に舌を収縮させて上げる)
のどぼとけは、局部的な嚥下操作よりさらに下に移動しなければなりません。

第2週目:

毎朝、3回ゆっくりと以下のエクササイズを実行してください、
各エクササイズの間を5秒の取るのを忘れないでください。

D) エクスサイズ :下顎、舌、軟口蓋
1. 口を半分閉じて、できる限りあなたの下顎を差し出してください、
舌の前歯の後にあなたの舌の先端を置いて、できる限りあなたの舌をあなたの口から出して直ぐに、軽く嚥下操作を実行してください。

E) 口を閉じてのエクスサイズ
1.口を閉じてエクスサイズB,Cを練習、次にエクスサイズDを強調したエクスサイズBと
一緒に行う。

第3週目:

毎朝にすべてのエクササイズを実行してください、
3回、各々の運動を繰り返してください、
閉じた口で以前より早く、強調してエクスサイズBをしてください。

第4週目:

閉じた口で、すべての運動を実行してください:
そして以下の通り回数を増加させてください。
5回 エクスサイズ C,D,E
10回 エクスサイズ B
週2回、バルサルバ法を実行させてください。
そしてエクスサイズBによる耳の圧平衡に必要な回数をトレース(記録)してください。

*耳管の筋肉
フリーハンドで圧平衡を成功させる為には耳管を開かせる筋肉をトレーニングする必要がある。自分の耳管の筋肉の位置を鏡等で確認することはフリーハンド法を習得するのに役に立つ。意識できないものはコントロールできない。(詳細内容はボディ・マップを参照して下さい、きっとお役に立ちます)

下記が耳管に関連した筋肉は4つである。
口蓋帆張筋:Tensor veli palatini muscle
口蓋帆挙筋:Levator veli palatini muscle
耳管咽頭筋:Salpingopharyngeus muscle
鼓膜張筋 : Tensor tympani  muscle

口蓋帆張筋Tensor velum palatinum muscle
口蓋筋の一つで、幅広で薄くリボン状の筋肉であり、軟口蓋に張力をかける。
耳管を開放させる。

BTV 11

BTV 12

画像出典先:斉藤治療院サイト
口蓋帆挙筋:levator veli palatini muscle
口蓋帆挙筋(こうがいはんきょきん)は口蓋筋の一つで、口蓋帆を上方へ上げる筋肉。
嚥下の際、収縮し、軟口蓋を上方へ上げることで、食物が鼻咽頭に入るのを防ぐ働きを持つ。
咽頭神経叢経由で、迷走神経の支配を受ける。

BTV 13

耳管咽頭筋:Salpingopharyngeus muscle
嚥下と発声の際に咽頭を短縮し、喉頭を挙上させる。

BTV 14

鼓膜張筋 : Tensor tympani  muscle
大きな音に反射して収縮し鼓膜、アブミ骨の動きを抑え、内耳への音に伝導が制限し、内耳を保護する。
随意的に収縮できない。

BTV 15

*参考エクスサイズ:
フリーハンドで耳管を開かせるためには顔に表情筋、舌のトレーニングが必要である。
はじめは今まで使用していない筋肉なのでなかなか、意識して動かせことができないと思うが
意識して耳管を動かした訓練を何日か実施すれば、自分の体なのだから動かすことが可能である。
また、下記に表情筋、舌のエクスサイズとして『ラフターヨガ』で採用しているフェイス・エクスサイズを紹介。

BTV 16

画像出典先『笑いヨガで超健康になる』より 高田 佳子 (著)

参考サイト:

Equalizing BTV VTO Engl

更に詳しいダイビングの耳抜きについての電子書籍も格安でAMAZONで販売しております。

参考文献:

1.事故を起こさないための潜水医学  大岩 弘典 (著)

2.ダイバーのための潜水医学テキスト (大型本) カール・エドモンズ (著),

3.「日本人のための英語発音完全教本」 竹内真生子(著)

参考サイト:

PROTECS JAPAN

The Frenzel Technique, Step-by-Step

Equalizing BTV VTO Engl

斉藤治療院

Eustachian Tube Institute

本サイトは情報の提供のみを提供しておりますので、運用して生じた結果については自己責任で対処願います、本サイトは一切の責任を負いません。

また、本書内容は2014年11月30日現在の情報に基づいておりますのでWebサイトのURL等が変更される場合がありますのでご了承願います。

スポンサーリンク
広告