ベル潜水 |潜水鐘 【 図解】

ダイビング・ベル

潜水鐘(せんすいしょう)、もしくはダイビング・ベル(英語:Diving bell)とはかつて使われた潜水装置の一種。本体は金属製で鐘型(すなわち底が開いている)の構造物で、船舶などから水中に吊り下ろされる。

下記はハレー彗星で有名なエドモント・ハレー(Edmund Hally)が深度18mで1時間半の潜水をダイビング・ベルで記録した時の原理のイラスト。

水上から管を通じて絶え間なく送気がなされる。この送気は二つの役割を果たす。第一に、これによって潜水鐘内部の気圧が外部の水圧と等しくなるまで高められる。そのため潜水鐘には(穴があるにもかかわらず)水は浸入しない。第二には、潜水鐘内部の空気が清浄に保たれ、搭乗者が呼吸を続けられる。

つまり潜水鐘を使えばスクーバ器材等を付けなくとも長時間水中に潜ることができ、なおかつ大気圧潜水とは違って搭乗者が半ば水中に開放されている(水に直接ふれることが可能)という利点がある。ただし潜水鐘内部は深度に応じて高圧になるので、搭乗者は潜水服を使う潜水の場合と同様、減圧症になる可能性がある。

現在の最新のダイビング・ベル

ダイビング・ベル デモ動画

スポンサーリンク
広告