薩南諸島のシュノーケリング ダイビング|ライセンス取得ツアー|奄美

おすすめ 奄美シュノーケリング ダイビング|ライセンス取得 |格安ツアー

guidance

下記のダイビングツアー マップのポイントマーカー(ダイバーマーク)をクリックすると左図の動画と詳細ポイント情報、現地ショップのわかりやすいダイビングポイントMapへのLinkが表示されます。

 

薩南諸島のポイント:7か所

種子島、屋久島、与論島、奄美大島、加計呂麻島、徳之島、徳之島

大隈諸島(種子島・屋久島)、トカラ列島、奄美諸島の3つのエリアからなる薩南諸島。世界遺産にも登録された屋久島。外洋に浮かび、手つかずの自然に満ちた日本の「秘境」トカラ列島。

スポンサーリンク

鹿児島 種子島 シュノーケリング ダイビング |格安 ライセンス取得

tanegasima

鉄砲伝来とロケット発射基地で有名な種子島は、鹿児島の南方約115kmにある細長い島です。最高でも海抜200mの丘陵でなだらかな島の為、海は遠浅・潮の流れが速いのが特徴です。ダイビングはドリフトがメインでスムーズな潜降浮上と中性浮力のスキルが必要となります。ポイントの詳細は下記を参照してください。

参考サイト:スイミー種子島

鹿児島 屋久島 シュノーケリング ダイビング |おすすめ ライセンス取得

yakusima

ユネスコ世界自然遺産に登録された、豊かな自然に溢れた屋久島。樹齢1000年以上の屋久杉やうっそうと生い茂る原生林が有名で多くの登山客が訪れるが、近年はダイバーも増えている。森の栄養が豊富に含まれた水が注ぎ込む海には多種多様の生物が暮らし、その種類は日本一を誇るほど。スポットもサンゴ、岩礁、砂地などバラエティー豊か。アクセスは鹿児島から飛行機か船を利用する。ポイントの詳細は下記を参照してください。

参考サイト:潜り屋

鹿児島 与論島 シュノーケリング ダイビング |おすすめ ライセンス取得

yoronn

与論島の周囲には数多くのダイビングポイントが点在するため、海況のよいポイントを選択してダイビングプランをたてることができます。沈船や宮殿など、与論でしか潜れないようなレアなポイントもいっぱい。ダイナミックな地形、大型回遊魚やウミガメなど、見どころ満載のすばらしい与論の海でのダイビングをぜひ満喫してみてはいかがでしょうかポイントの詳細は下記を参照してください。

参考サイト:プリシアリゾートダイビング

鹿児島 奄美大島 シュノーケリング ダイビング|格安 ライセンス取得

amami

奄美大島空港も近くアクセス抜群の奄美大島北部でダイビングしてみませんか?雑誌等に載る事はないダイナミックで透明度抜群の太平洋側をメインにご案内します。2艇のボートを奄美大島北部の東西それぞれに配置。急な荒天に強く、贅沢に潜れます。ランチも家庭的な手作りの海鮮料理・島料理(郷土料理)と好評を頂いております。スタッフ全員が奄美大島出身!海、観光面のアドバイスなど「あなたの旅」を強力にサポート!ポイントの詳細は下記を参照してください。

参考サイト:『ひかるダイバーズ』

鹿児島 加計呂麻島 シュノーケリング ダイビング|おすすめ ライセンス取得

kakeroma

目の前にはスリ浜という美しいビーチが広がる、最高のロケーション。アクティビティにはダイビングやスノーケリング、SUP、シーカヤックなどをご用意。加計呂麻の自然に癒されながら、マリンブルーカケロマで極上の休日お過ごしください。ポイントの詳細は下記を参照してください。

参考サイト:ペンション・マリンブルー

鹿児島 徳之島 シュノーケリング ダイビング |格安 ライセンス取得

tokunosima

水温は冬場で20℃前後、最盛期は29℃前後となり、透明度は20m~30m程度です。5月~6月の梅雨時期は雨水の影響でやや透明度が下がることがあります。目安のスーツは、11月~5月:ドライスーツもしくはウエット(5mmもしくは6.5mm)+フードベストなど、6月:5mmウエットのみもしくは+フードベスト、7月~10月:3mmウエットもしくは5mmウエットとなります。寒さは人によって感じ方が異なるためあくまで目安としてくださいませ。ご心配な場合は遠慮なくお問い合わせください。ポイントの詳細は下記を参照してください。

参考サイト:海夢居

鹿児島 沖永良部島 シュノーケリング ダイビング |おすすめ ライセンス取得

oknagara

沖永良部島(おきのえらぶじま、おきえらぶじま)は奄美群島の南西部に位置する。島の周辺は、あまり知られていないがアーチやサンゴの群生している場所など秘境感あふれるダイビングポイントが多い。1年を通してダイビングができるため、多くのダイバーが訪れている。特筆すべきは沖永良部島はウミガメの産卵場所となっており、春のギンガメアジのトルネード、冬にはザトウクジラがみられることである。透明度がよいため水深30メートルでもサンゴが生息している貴重なエリアである。(wikepediaより引用)

ポイントの詳細は下記のショップを参照してください。

参考サイト:沖永良部島むがむがダイビング

スポンサーリンク
広告