ホールデンの理論 haldanel’s theory

ホールデン

ホールデン(Johen scott Haldane)は、減圧が1/2の比率であれば、すなわち2気圧から1気圧への減圧(水深10mから水面までの浮上)、4気圧から2気圧への減圧(30mから10mまでの浮上)、であれば、血液中に気泡は発生しないと言う仮説(減圧理論)に基づいて、1907年、人体と似ている実験動物としてヤギを選び、想定した減圧モデルについて、溶け込む窒素と気泡化の実験を行って証明し、2:1の比率で段隋的に減圧する方法を提案し、減圧表を作成した。現在ではこの理論は長時間潜水や、極端に深い潜水では完全には当てはまらないという考えが主流である。

ホールデン

スポンサーリンク
広告
スポンサーリンク
広告