ナルコシス | ナルコーシス

ナルコーシス

かつては窒素酔いとよばれたが、現在では高圧の不活性ガスによる麻酔作用を単に酔い、またはナルコシス(inert gas narcosis)という。
ナルコシスは、個人差や環境、薬、精神的ストレスなどで増強することが知られている。
 水と脂肪溶解度比が大きい気体は、高分圧ではその溶解度比に比例してダイバーの身体に麻酔作用を起こす。したがって、ナルコシスを回避する目的で、窒素に比べて溶解度比の小さいヘリウムを大深度潜水で使用する。

ナルコーシス

スポンサーリンク
広告
スポンサーリンク
広告