ナイトロックス

ナイトロックス

ナイトロックスは、窒素と酸素を人工的に混合したガスで、酸素濃度が空気の21%よりも高く、減圧症の原因となる窒素濃度を低くしたものです。

 空気も広義のナイトロックスである。一般にナイトロックスは空気よりも酸素分圧を高くしているので、酸素を強化したと言う意味で、エンリッチド・エアー・ナイトロックス(Enrichied air nitrox 略してEANx)ともいわれたが、アメリカのNOAAは、32%酸素の窒素混合ガスをナイトロックス32、36%の酸素の窒素・酸素混合ガスをナイトロックス36とすることを提案した。EANX32、EANX36と表記されることも多い。

 ナイトロックスの利点は、相対的に窒素分圧が低くなるだけ、無減圧の潜水時間が長くなる。従って、空気の減圧表を使えば、空気よりも減圧症の危険が減少する。

 酸素分圧が高くなるだけ潜水中の呼吸が楽で疲れない。また、視野の狭窄も起こらない潜水後の疲労感も少ないなどと利点が挙げられる。ただし、疲労感については医学的に証明されているわけではない。
 ナイトロックスの欠点は、 ①通常の空気潜水では起こらない水深で酸素中毒が起きる。したがって、潜水可能水深が空気潜水よりも浅くなる。EANX32では、最大39.4m、EANX36では30.3mとされている。

 ②空気よりも価格が高い
 ③レクリェーショナルダイビングでは、指導団体が提唱する特別なレクチャーを受けなければ使用できない
 ④ナイトロックス用の器材の用意が必要であるが挙げられる。
 欠点として挙げた、指導団体の設定する資格、ナイトロックス用の器材については、商業的な理由で

定めた。

ナイトロックス

スポンサーリンク
広告
スポンサーリンク
広告