水中メガネ

水中メガネ

水の屈折率が空気とは大きく異なるため、目の前面に空気の層を作って視界を確保する目的で着用される。また、海水による刺激から目を保護する効果もある。水中で視力矯正用眼鏡が使用できない場合に使われることもある。

木製のゴーグルはペルシャのパール・ダイバーが少なくとも14世紀頃に使用しており、これらの木製のゴーグルを輸入した地中海のベネチアのサンゴ・ダイバーを描いた絵画から16世紀にはベネチアでも使用されていたと推定される。

関連記事:水中メガネ水中メガネ

スポンサーリンク
広告
スポンサーリンク
広告