シャルルの法則 

「一定圧力下において、いかなる気体も、その気体の体積は絶対温度と直接的に比例して変化する」という法則。

圧力が一定のとき気体の絶対温度T [K]は体積V [m³]に比例するのです。これをシャルルの法則といいます。18世紀のフランスの物理学者ジャック・シャルルが発見しました。

関連記事:ボイルの法則

シャルルの法則

スポンサーリンク
広告
スポンサーリンク
広告