サイナス 副鼻腔

人間の頭蓋内にあいている4組の空洞で、日本語では副鼻腔と言う。鼻、その両脇、眉間の上などで、ここに溜まっている空気も圧平衡の対象。普通は自然に圧平衡が取れるのだが、風邪や体調不良で粘膜が炎症を起こすと圧平衡が取れにくくなり、ダイビングに支障をきたす。

副鼻腔圧外傷 sinus   squeeze

 副鼻腔とは、頭蓋骨や上顎骨前面の空洞をいい、副鼻腔圧外傷とは、この部位に起こる圧外傷をいう。
 副鼻腔は、いずれも細い管で鼻腔につながっている、そのため、外界の圧力と副鼻腔内の圧力は通常であれば圧平衡が保たれるが、鼻の炎症などで、細い管がはれて塞がった状態で潜水すると、外圧が高くなったときに副鼻腔がつぶれるように外圧を受けて、副鼻腔を構成する組織を傷害して副鼻腔スクイーズが生ずる。軽度であれば、粘膜が引き仲ばされたりして疼痛を自覚するだけであるが。粘膜が破綻すれぱ出血をしたり、重症の場合は副鼻腔を構成する骨に骨折が生ずる可能性もある。

関連記事: スクイズ squeeze

 サイナス

スポンサーリンク
広告
スポンサーリンク
広告