カツオノエボシ

カツオエボシ
スポンサーリンク
広告

カツオノエボシ

別名「電気クラゲ」とも呼ばれる猛毒の刺胞動物です。触手に触れると死の危険もあります。カツオノエボシ(鰹の烏帽子)は、クダクラゲ目に属する刺胞動物で、触手に非常に強い毒の刺胞を持っています。この刺胞に人が刺されると電気に打たれたような激痛が全身に走ることから、別名を「電気クラゲ」とも呼ばれて恐れられています。刺された人の死亡例も報告されています。
本州の太平洋沿岸にカツオが到来する頃、暖かい南風に吹き流されて日本沿岸に接近し始めることから、三浦半島や伊豆半島で「カツオノエボシ」と呼ばれるようになりました。

カツオエボシ

関連記事:『海の危険な生物 図鑑』

スポンサーリンク
広告
スポンサーリンク
広告